メディア情報 - media information
メディア情報
日付
‘キルミーヒールミー’報道資料-水拷問危機!リアルアクションに驚嘆の声!
2015-01-08

MBC 水木ミニシリーズキルミーヒールミー’

俳優チソン、

“危険を顧みないアクション闘魂燃やす!”

ひやひや‘50cm逆さに宙吊りで’

‘一触即発逆さまに吊るされた状態で水拷問の危機’!

…NO NG感嘆の声、連発'

“これからアクション・チソンと呼んでください~!”

リハーサルなしでわずか‘10無欠点OKカット完成!

‘繊細な表情演技まで完璧!スタッフら激賛連発’

チソン。“チソンに何が起きた?”

大事に育てられた‘財閥3に降りかかった最悪の非常事態!

おどろおどろしい廃工場で険悪な‘水拷問の危機から脱出できるだろうか?

- MBC ‘キルミーヒールミー’チソン、“宙吊りに!”

一触即発!空中50cm浮揚‘逆さ吊り水拷問の危機’現場公開!

- チソン、巧みで手慣れた‘リアルアクション演技連発にスタッフらこぞって感嘆の声!

“リハーサルも要らない!”わずか10分で‘逆さ吊り水拷問’シーン完璧に完成!

“チソンに何が起きた?”

俳優チソンが危険な‘逆さ吊り空中浮揚’も厭わない‘アクション闘魂’を発揮し現場を飲み込んだ。

チソンはMBC新水木ミニシリーズ‘キルミーヒールミー’(脚本チン・スワン/演出キム・ジンマン、キム・デジン/制作パンエンターテインメント)で‘解離性人格障害’を患っている財閥3世チャ・ドヒョン役で異色の演技変身を敢行する。一人の身体になんと7人のそれぞれ違った人格が同居する破格のキャラクターで活躍、お茶の間劇場にたっぷり面白味をお届けする予定である。

何よりチソンがおどろおどろしい廃工場で絶体絶命の危機に直面した現場が捉えられ衆目を集めている。ロープで足を縛られ地上から50cmほど浮き上がった状態で逆さに吊るされるという苦境に陥った。そして吊るされたチソンの眼下には水が溢れんばかりに入れたれたプラスチックバケツが置かれていて緊張感を高めた。劇中、誰も羨むことなく育った財閥3世のチソンにどうしてこのような険悪なことが起きるのか、チソンが危機から安全に脱出できるのかに視線が集まっている。

チソンが‘逆さ吊り水拷問’を受けるシーンは去年12月26日に京畿道ファソンにあるある廃工場で撮影された。この日チソンは午後1時ごろから翌2日午前7日午前2時を超える時間まで撮影に臨んだ。とりわけ続けて動線が大きいアクションシーンを盾続けに消化しないといけない状況だったので普段の撮影より体力の消耗が激しかった。それでもチソン12時間を超える撮影にもかかわらず疲れた様子を微塵も見せずに生き生きとしたエネルギーを維持していた。

そうかと思えば‘逆さ吊り水拷問’シーンはこの日最後の撮影となったため午前2時に差し掛かってようたく撮影に至ったという状態。チソンは巧みで手慣れた‘リアル演技’で迅速な撮影をリードした。セットが整った現場に到着するや否やリハーサルもなくすぐさま撮影に突入、たった一回で‘無欠点OKカット’を完成させた。10分足らずの短時間で逆さまに吊るされた状態で繊細な演技まで完璧にこなしたチソンの内攻にスタッフらは激賛を惜しまなかったという後日談。

パンエンターテインメント側は“チソンは生来の底堅い演技の基本を備えている俳優だけに7重人格のキャラクターとそのことが元で起きる突発的な状況を難なく消化し、ドラマの完成度を高めている”と指摘、“今後、ドラマで徐々に明らかになる複数の人格を通じて多彩な演技変身を披露してくれるチソンの活躍に期待してほしい”と伝えた。

一方、MBC‘キルミーヒールミー’は解離性人格障害を患っている財閥3世と精神科医師が繰り広げるドキッとさせる‘ヒーリングロマンス’でお茶の間を愉快さ一色に染め上げる。韓国ドラマ初の‘7重人格者’男性主人公という新鮮な素材を通して2015年ドラマ界の扉を野心満々に開くことになった。これと関連して2012年‘太陽を抱く月’以後、2年ぶりにカムバックするチン・スワン作家が果たしてどのような新しいストーリーで視聴者を虜にするのだろうか。その帰趨に注目が集まっている。MBC新水木ミニシリーズ‘キルミーヒールミー’は1月7日水曜午後10時に第1話がオンエアーされる。 [写真提供=パンエンターテインメント]

 

ID:
PWD: