メディア情報 - media information
メディア情報
日付
RUN’ PD “チソンの意外な魅力, 早朝ランニング愛されるランニングオタク”
2019-12-24

[NEWS EN キム・ヨンミ記者 2019.12.23]

初めてのランニング・リアリティーtvN 'RUN'が放送開始を控え、期待感を一気に高める1話の予告映像を公開した。

来る2020年 1月 2日の午後11時から放送がはじまるtvN 'RUN(演出 キム・ヒョンシル)'は出演陣がランニングクルーになって国内外のランニング。スポットを走る楽しさを伝えるバラエティー番組。俳優チソン、カン・ギヨン、ファン・フィ、イ・テソンが意気投合してランニング (Running, 走り)にチャレンジする。ランナー(Runner, 走る人)になった四人は国内外で走る旅行記を届け、ひいてはイタリアのフィレンツェで開かれるマラソン大会にも挑戦することをすでに予告した。

1話を控えて公開された映像には42.195km マラソンフルコース感想にチャレンジするメンバーたちの姿が流れ好奇心を掻き立てる。笑いが出ないというチソンから、気持ちが変だと話すイ・テソンまで四人全員が緊張とトキメキを隠せない様子。そして悔いのないようにがんばろうとお互いを激励しながら出発し、視聴者に活力を届ける。しかし果てしなく続くコースに徐々に体力的にも精神的にも疲弊していく場面が流れ、四人が果たして問題なく乾燥に成功するのか、好奇心が膨らむ。疾走する姿の向こうに映し出されるフィレンツェのマラソンロードもまた視聴ポイント。美しいイタリアの都心を疾走する四人のランニングが格別な楽しさを与えてくれるだろう。

同時に公開されたチソン、カン・ギヨン、ファン・フィ、イ・テソンのランニングスタイルプレビューも目を引く。最年長のチソンはセンターで後輩たちをやさしくリードし、真摯なランナーの一面をうかがわせる。カン・ギヨンは走りながらポジティブなエネルギーを発散するムードメーカーとしての役割をしっかり務めている。ファン・フィは心からランニングを愛する真のスポーツマンの姿勢を、末っ子のイ・テソンは子犬のように走り'モンムン美(子犬のような魅力)'を発散する。4人4色の互いに異なるタイプのランナーである四人がランニングクルーになり、果たしてどのようなチームワークを見せてくれるのか、関心が集まる。

'RUN'の演出を担当するプロデューサーのキム・ヒョンシルは直接メンバーたちの活躍を聞かせてくれた。キム・ヒョンシルPDは、チソンは早朝のランニングを愛するランニングオタク (熱烈なファン)。走る時は厳格、謹厳、真摯な長兄だが、走っていない時はつねに純粋な'チ小学生'であり、クッキーやパンを食べないとエネルギーが出ない'パンマニア' キャラクターへと意外な魅力を発散する。カン・ギヨンはつねにハッピー・ウィルスを伝播し、メンバーたちにニックネームをつける、作名家としての能力を発揮している。自らを'ロンリニ(ランニング子ども)'と呼ぶランニング初心者として視聴者のみなさんが共感できるはずだと伝えた。

続いてファン・フィは情熱満タンの、疲れを知らない男である。走ることだけでなく、ヨーロッパをはじめて旅する旅行者としての情熱も発散している。'このすべてが真のスポーツなのだ'と叫ぶスポーツマンであるのと同時に何にでも関心を向ける好奇心マンだと付け加えたる末っ子のイ・テソンについては、表情の達人である末っ子イ・テソンは目立つほど熱心に動き回る働き者である。ランニングクルー唯一の20代だが、一番体が硬くて、チソンから強制ストレッチを施されてしまう。長兄と末っ子の掛け合いが面白いと明かした。

 

(写真=tvN)
 

ID:
PWD: