メディア情報 - media information
メディア情報
日付
[TVホットスポット] ‘医師ヨハン’ チソン, イ・セヨン, 3年後に再会し‘ハッピーエンディング’
2019-09-09

[スポーツワールド=チョン・ガヨン記者 2019.8] 

 

SBS 石ヨハン’が最後まで心温まる治癒と胸を打つメッセージを伝え大団円の幕を下ろした。

 

今月 7日に放送されたSBS 金土ドラマ‘医師ヨハン’最終回では健康を取り戻し再会したチャ・ヨハン (チソン)とカン・シヨン(イ・セヨン)がお互いに対する切ない愛と患者の苦痛に寄り添う医師としての真心と遺志と共にハッピーエンディングで終わりを迎えた。先天性無痛覚症という病によって冷たくも熱くもない世界に生きてきたチャ・ヨハンがカン・シヨンのおかげであたたかさを知り幸せをつかむ姿で不快余韻を残した。

 

극ドラマでチャ・ヨハンはメールを送らない以来, プロジェクトで忙しいという同僚との通話のみが可能で, 6ヵ月間直接連絡もできずカン・シヨンを不安にさせた。ある日チャ・ヨハンが痛症治療剤の開発研究に尽力しているという記事に接したカン・シヨンは自分が1順位ではないという事実に挫折, チャ・ヨハンを忘れようと心に決める。それから3年が流れカン・シヨンはフェローに昇格しチャ・ヨハンは急に現れ韓国に来てから1年が過ぎたと告げカン・シヨンを当惑させた。しかし3年前チャ・ヨハンが肺炎に罹って死地にさまよったため連絡不通になったということを知らされたカン・シヨンはチャ・ヨハンを責めチャ・ヨハンは健康を取り戻して確信を与えられるようになってから帰って来たかったと謝罪,カン・シヨンを泣かせた。続いてカン・シヨンはチャ・ヨハンが韓国に帰ってから 1年間も自分のことを思いつ告げて見守ってくれたことを知り, ついに熱いキスでお互いに対する深い愛児用と信頼を確認するに至った。

 

チャ・ヨハンは久しぶりに‘尊厳死法改定の争点と今後の課題作りのための公聴会’でソン・ソクキ(イ・ギュヒョン)とチェ・ウンジョン(シン・ドンミ)に出会った。三人は死についての認識とホスピス緩和のための医療, 末期がん患者に必要な看護についての意見が一致すると笑顔を見せた。以降チャ・ヨハンはハンセ病院理事長ミン・テギョン (キム・ヘウン)が提案した緩和医療センターを固辞し‘治癒医院’を開園した。人生の最後に死と出会う人々に寄り添い慰労の治療を持って不快感動を与えた。これに関連してこれまでの2ヶ月間笑いと涙, 感動と教訓を伝えてくれた‘医師ハヨン’が残したものを整理してみた。


▲‘医師ヨハン’が残したもの

 

NO.1 チソン-イ・セヨン-イ・ギョヒョン 信じて観られる俳優たちの全身全霊の神がかった熱演!

 

タイトルロールを受け持ったチソンは先天性無痛覚症に罹り苦痛を感じらなくても患者の苦痛を和らげるために最善を尽くす石チャ・ヨハン役に扮して説明を要しない最高の演技力で ‘代替不可’ ゴッド・チソンの威厳を再び証明した。患者を治療するドクター・カリスマとしての風貌から自らが患者であるンなしい運命に対する感情, 医師としての正義感と責任感をリアルに演じて見せ絶賛を浴びた。イ・セヨンはチャ・ヨハンに出会いトラウマを克服し, 真の医師として成長するカン・シヨン役に扮し密度の濃い演技力で加ペンキに演じ切り称賛を浴びた。原則主義者の検事ソン・ソクキ役に扮したイ・ギュヒョンは息子を奪われた悲しみをしまったまま, 冷徹で理性的な, 揺るぎない信念を持つ役柄を深みのある口調で表現したかと思えば올, 胃がん3期の患者の苦痛と痛症をリアルにと遂げ強烈な印象を残した。

 

▲‘医師ヨハン’が残したもの

 

NO.2 ファン・フィ-チョン・ミナ-キム・ヘウン-シン・ドンミ-オム・ヒョソプ-チョン・ジェソン-オ・スンヒョン-キム・ヨンフン-クォンファウン-オ・ヒョンジュン-ユン・ジュサンに至る幻の一級演技の饗宴!

 

‘医師ヨハン’では名不虚伝の貫禄のある俳優から個性あふれる新鋭に至るまでそれぞれのキャラクターが味わい深い表現を駆使する ‘一級の演技’の饗宴を繰り広げた。‘麻酔痛症医学科アベンジャーズ’として各自各様の魅力を炸裂させたファンフィ-チョン・ミナ-クォン・ファウン-オ・ヒョンジュン, カリスマ溢れる女傑の魅力と厳格な医師の風貌を見せてくれたキム・ヘウン, 切ない母性愛とは異なりチャ・ヨハンに         対する敵対心で最後まで緊張感を高めてくれた新・ドン実は視聴者を引き付けた。また術数を操る小憎らしい反対派のオム・ヒョソプとチョン・ジェソン, 惚けたキャラとかわいらしさを振りまいたオ・スンヒョン, どんでん返しの衝撃をあたえてくれたキム・ヨンフンとユン・ジュサンなどは適材適所でがっちりと ‘医師ヨハン’を支えた。

 

▲‘医師ヨハン’が残したもの

 

NO.3 国内で初めて麻酔痛症医学科と尊厳死を扱った! 斬新で力のあるキム・ジウン作家の筆力とチョ・スウォン監督の感覚的で洗練された演出力のシナジー!

 

‘医師ハヨン’は国内で初めて麻酔痛症医学科と尊厳死に関連する内容を扱う勇気ある行動でどの医療ドラマとも差別化された業績を残した。原因不明の急性, 慢性痛症で苦痛に苛まれる患者を毎回エピソードで取り上げ, ミステリアスな痛症の原因を解明する過程をあたかも犯人を追い詰める捜査のような緊張感とともに描いた。同時に社会的な論議と相まって熱い論争を巻き起こしている尊厳死について言及,人生の最期に対する深い苦悩を呼び起こした。キム・ジウン作家はこの二つの素材を国内で初めて描き斬新でありながらしっかりとしたストーリー展開で視聴者を虜にした。チョ・スウォン監督は医療ドラマというジャンルにもかかわらず, 様々な演出技法を活用し洗練され感覚的で, 豊かな見どころを提供, ワンシーンワンシーンこどに名場面を完成させていった。

 

制作陣は“この間‘医師ヨハン’に熱い関心と限りない愛情を送ってくださった多くの視聴者のみなさんに心よりお礼申し上げる” “‘医師ヨハン’を通して視聴者のみなさんと一緒に悩み考えてみたかったことが少しでも伝わったことを, いしハヨン’を観ながら少しでも力になれたなら幸せです。とにかくみなさんの心に刻まれる作品になることを願っていると伝えた。

 

写真=‘医師ヨハン’ 放送分キャプチャー

 

ID:
PWD: