メディア情報 - media information
メディア情報
日付
'医師ヨハン' チソン, 無痛覚症患者の死に'衝撃'…最高11.2% 突破
2019-09-05

[スポーツソウル チョン・ハウン記者 2019.9.1]

SBS 金土‘医師ヨハン’のチソンが自分と同じ病気を患っている患者の死に絶望する姿が描かれ最高視聴率11.2%を突破し, 同時間帯地上波全体1位の座を守った。

‘医師ヨハン’ 8月31日の14話 1, 2部放送分の視聴率はニールセン・コリア首都圏基準 (以下同一)으로 でそれぞれ6.1%(全国5.5%)と9.8%(全国8.8%)を記録した。最高視聴率はエンディングに至って11.2%まで上昇した。

そのためドラマは同時間帯の地上波で放送されたすべての番組のなかで全体1位に輝いた。そして広告関係者の判断指標である2049視聴率で‘医師ヨハン’はそれぞれ1.8%と4.2%を記録した。

この日の放送は血を流して倒れているチャ・ヨハン(チソン)が病院に運ばれる姿から始まった。先立ってカン・シヨン(イ・セヨン)はチャ・ヨハンと連絡につかなくなると, 119に申告し彼を捜し出した。そのおかげでチャ・ヨハンは病院に搬送され治療を受けた。またチャ・ヨハンは自分を心配するカン・シヨンに “僕のことでいつも大変だな?” と声をかけ目頭を熱くした。これにカン・シヨンは “私が教授の保護者です。それが私の役目なのです”と応えた。チャ・ヨハンはそんな彼女に感謝の意を伝え視聴者の心を熱くした。

その後チャ・ヨハンはハン・ミョンオ(キム・ヨンフン)と共に自分をハンセ病院に推薦してくれたイ・ウォンギル (ユン・ジュサン) 前福祉保健部長官を訪ねた。イ・ウォンギルはチャ・ヨハンに苦痛を感じずに死ぬことができる ’ケルビム’ という薬の映像を見せてやり, それに対してチャ・ヨハンは“明白な殺人, 殺人教唆” だと憤慨した。そして“이これは安楽死とは別の問題です。あれは誰彼なく死なせることができる” と患者に対する重い責任感を露わにした。続いてチャ・ヨハンはソン・ソクキ (イ・ギュヒョン)にイ・ウォンギルを逮捕すべきだとこの事実を知らせた。しかしソン・ソクキがイ前長官の家に着いた時, スレはすでにケロビムを投与して亡くなっていて衝撃を与えた。

そんななか, 病院ではチャ・ヨハンの懲戒委員会が開かれた。賛成と反対は同数になり, 院長の権限によって任用取消しの決定が下ろされる瞬間イ・ユジュン (ファン・フィ), カン・ミレ(チョン・ミナ), カン・シヨンが会議室に入ってきた。チュ・ヒョンウ (ハ・ドグォン) 選手とチャ・ヨハンのおかげで新しい人生を歩むことができた患者と保護者も同席した。彼らはチャ・ヨハンの復帰を強力に求めると明かした。つづいて患者たちは直接サインした嘆願書を提出し, 世論はチャ・ヨハンを復帰させる方向へと傾いた。

いっぽう無痛覚症患者のイ・ギソク(ユン・チャニョン)は急に意識を失った。ミン・テギョン(キム・ヘウン) は手術が患者にさらなる危険な結果を生むと引き止めたが, チャ・ヨハンは手術を強行しようと主張した。手術室に写されたキソクに“生きるんだ”と声を絞り出し延々と心肺蘇生術を試みた。しかしカン・シヨンが手術室に入ってきて “キソクのお母さんがもうやめてほしいと言っています。手術もやめてほしいと言っています” と意見を伝え“規則を楽に送ってやってください”と言って涙ぐんだ。これにチャ・ヨハンはついに手を止め, 自分と同じ病を患っている患者の死の前で絶望と悲しみが交錯する姿を見せ視聴者に感動を与えた。

‘医師ヨハン’はミステリアスな痛症の原因を興味津々に追い求める痛症医学科医師たちのヒューマン・メディカルドラマ。興行保証手形と呼ばれるチョ・スウォン監督とキム・ジウン作家がタッグを組み下半期お茶の間の期待作としての立地を固めている。毎週金,土曜日の夜10時に放送され15話9月6日の予定。

写真| SBS
 

ID:
PWD: