メディア情報 - media information
メディア情報
日付
'医師ヨハン' チソン, ずばぬけた演技力…代替不可 'ゴッド・チソン' の威厳
2019-08-20

 [スポーツ朝鮮 チョ・ユンソン記者 2019.8.20]

 

"こんな医者のキャラクターははじめて! 本当に独・歩・的!"
 

SBS '医師ヨハン' チソンが'名不虚伝' 最高の演技力でチャ・ヨハンのキャラクターを完成させ'代替不可' 五度・チソンの威厳を証明している。

SBS 金土ドラマ'医師ヨハン'(脚本 キム・ジウン/演出 チョ・スウォン, キム・ヨンファン/制作 KPJ)は初回放送から実に5週連続地上波とケーブル, 総合編成チャンネル放送されたすべての番組の中で最高の視聴率を記録, 金土ドラマの最強者としての立地を固めている。チソンは'医師ヨハン'で'ドクター10秒'の異名を持つ卓越した実力の麻酔痛症医学科教授チャ・ヨハン役に扮して熱演を繰り広げている。先天性無痛覚症という, 稀少病を患っている不遇の身を持つチャ・ヨハン役を立体的で密度の濃い演技で完璧に演じて見せ, お茶の間を圧倒している。


これに関連してチソンは今までどの医療ドラマで登場した医者のキャラクターとも全く異なる, '先天性無痛覚症'に罹った医師と言う, 独歩的なキャラクターチャ・ヨハンを最高の演技力で表現, 絶賛されている。ずばぬけた実力を持つ医師として原因不明の患者の病気を発見し,鋭い眼差しで痛症緩和のために患者を施術する姿で強力な'ドクターカリスマ' そのものをアピールしている。隔離された痛症センターの中で検査装備もない状態で患者に対する問診のみを用いて各種の症状と情報を総合, 病気を判断する冷徹なチャ・ヨハンの姿に歓呼が沸き起こっている。

何よりもチソンは先天性無痛覚症によって, 一生の間ただひたすら壮絶な努力を傾けるしかない苦しさを繊細な感情の演技で演じている。患者の苦痛と痛症についてまったくわからない, 先天性無痛覚症であるにもかかわらず, 患者に共感しそれを治療するために死ぬ思いで学び, 努力し,研究するしかなかった切なさをリアルに演じている。チソンは一日も欠かさずバイタルチェックを行いCCTVで睡眠を撮影しなければならない, 日常的ルーティーンから少しでも外れれば危険を伴う, 先天性無痛覚症の患者の生きざま, 哀しいチャ・ヨハンの運命に対する複雑で微妙な感情を淡々と落ち着いて, 節制された演技で届け重みのある余韻を届けている。

特にチソンは耳鳴りと目まいのため, 深刻な危機に瀕しもだえるチャ・ヨハンの姿をリアルに表現, シーンに対する没入度をつい校長に押し上げている。目まいで階段から滑り落ち, 床に伏したまま耳を塞ぐシーンでチソンは全身の血管が弾けるような, 渾身の熱演で危険な'絶体絶命'の瞬間を生き生きと描き出した。

特にチソンは苦痛にもだえる患者に対して担っている思い責任感と意思としての正義, あたたかい人間味を深みのある演技で見せてくれている。死を考える患者を説得し, 先天性無痛覚症に罹った幼い患者には自身の病気を明かしてまでも説得に臨むなど医師としての強靭な沙名意識を発揮, お茶の二真に感動を与えた。


さらにチソンは心の底から自分を心配し愛を告白したイ・セヨンに対して無関心のようだがやさしくあたたかい感性をのぞかせ視聴者の心をときめかせたりもした。涙を流しながら哀しむイ・セヨンを安心させ, ジョークを飛ばしながら雰囲気を和ませるなど冷徹な医師ではない人間チャ・ヨハンとしての飾りっ気のない純粋さを見事に演じて見せた。このように深くて目力のある眼差しと重みのある声, 変化無双のチャ・ヨハンの感情ラインを真摯に表現するチソンの響きの深い演技が視聴者を熱狂させている。

制作陣は"キャラクターを細密に分析して独特の真剣さで立体感を作りあげる俳優チソンの情熱は言葉では言い尽くせない"と語り"つねに努力し, 場面のひとつひとつに心血を注ぎこみ苦悩を重ねた痕跡がチャ・ヨハンにそのまま溶け込んでいる。チソンだからこそ可能な'ドクター10秒' チャ・ヨハンがまたどのよう変化し成長を遂げていくのか今後も見守ってほしい"と伝えた。

いっぽうSBS 金土ドラマ'医師ヨハン' 11話は今月23日(金) 夜10時に放送される。

ID:
PWD: