メディア情報 - media information
メディア情報
日付
'医師ヨハン' チソン×イ・セヨン, 好奇心を増幅→予測不可な逆転ストーリー4 [Oh! SEN CUT]
2019-08-09

[OSEN=パク・バンソク記者 2019.8.9] 

 

“こんな‘疑問点’に注目せよ!”

SBS ‘医師ヨハン’が好奇心を大きく膨らませた‘クエスチョン・コード NO.4’い゛視聴者にリアルタイム視聴へと引き付けている。

SBS金土ドラマ‘医師ヨハン’(脚本 キム・ジウン/演出 チョ・スウォン, キム・ヨンファン/制作 KPJ)はミステリアスな痛症の原因を追究する国内最初の麻酔痛症医学科医師たちの物語を描くヒューマン・メディカルドラマ。7月 19日から放送がはじまって以降3週連続同時間帯地上波とケーブル, 総合編成チャンネルで放送されたすべての番組中全体1位を堅守, 金土最強者として独走態勢を整えている。

 

何よりも‘医師ヨハン’はチソン-イ・セヨン-イ・ギュヒョンなど ‘名不虚伝’俳優たちの真剣な好演と‘医療ドラマ’の次元を高めた繊細で感覚的な演出, 手に汗握る迫真のストーリー展開がシナジー効果を生みだし好評絵を博している。これに関連しお茶の間の人気をさらに高める, ‘医師ヨハン’視聴者の好奇心を掻き立てている‘クエスチョン・コードNO.4’を整理してみた。

 

◆医師ハヨン ‘クエスチョン・コード’ NO.1 

- チャ・ヨハン, ‘先天性無痛覚症’だった! 今後の行方は? 

先だっての6話で患者が診療室の扉を開けて席に座るまでの10秒で患者について把握するという天才医師, ‘ドクター10秒’ チャ・ヨハン(チソン)が ‘先天性無痛覚症(CIPA)’を患っているという事実が明らかになりお茶の間に衝撃を与えた。

‘先天性無痛覚症’患者とは骨が折れ内臓が破裂しても痛症を感じることのない, 体内にいつ炸裂するかもしれない時限爆弾を抱えているのと同じで, 感覚のない世界に生きているということ。チャ・ヨハンが過去に ‘先天性無痛覚症’による敗血症で死亡したチャ・ヨハンの父と同じ病気だったことが知らされ視聴者歩驚愕させた。 “原因のない痛症などない。原因の解らない痛症があるだけである”と言って患者の苦痛を和らげるために孤軍奮闘し, 患者に最後の処方箋を書いてやれる医師が夢だと語るチャ・ヨハンが苦痛と痛症についてまったく感じられないということが知られ, チャ・ヨハンがどのように医師としての疎明を守り抜くのか, 今後どのような成り行きになるのか好奇心を倍加させている。

 

◆医師ヨハン‘クエスチョン・コード’ NO.2 

- カン・シヨン, 父のカン・イスに対するトラウマと尊厳死に対する苦悩

カン・シヨン(イ・セヨン)におぞましいトラウマを与えた患者が他でもない父のカン・イス (チョン・ノミン)だったという事実が視聴者に衝撃を与えた。特にカン・シヨンはカン・イスが植物人間状態でも自分に課せられる心肺蘇生術に耐え切れず涙を流す姿を目撃した後 “お父さんが苦しそう”と言って心肺蘇生術を止めさせた。

さらに父がその状態でもそばにいることを願う妹のカン・ミレ (チョン・ミナ)とは違いカン・シヨンは “もしも私たちがお父さんの命ではなく苦痛だけを延長しているとすれば”と言ってどこか苦しそうに見える父の表情に注目した。しかし“お父さんのためではなくお姉さんが楽になりたいだけでしょう?”と言うカン・ミレの鋭い質問に答えられなかったカン・シヨンはチャ・ヨハンから라 ‘娘が父を放棄したのではないかという非難まで付け加えられる’という心配を言われると, 深い苦悩に陥った。続いて世間がそのように質してきた時に二度とそのような非難を言わせない答えを探せというチャ・ヨハンの忠告に “探して観ます。私が返せる答えを”と言って決然たる表情を見せた。

 

◆医師ヨハン‘クエスチョン・コード’ NO.3 

-ソン・ソクキ-チェ・ウンジョン, チャ・ヨハンの周辺人物を調査する理由は? 

3年ぶりにチャ・ヨハンと再会, はじめて動揺の色を浮かべたソン・ソクキ(イ・ギュヒョン)はチェ・ウンジョン(シン・ドンミ)に会いチャ・ヨハンの周辺人物について調査した内容を共有する。二人はユン・ソンギュ事件のの時にチャ・ヨハンの弁護を担当したハンセ病院法務チームの弁護士ハン・ミョンオ (キム・ヨンフン), そしてハンセ病院麻酔痛症医学科課長として病院内の反対を押し切ってチャ・ヨハンの任用を決めたミン・テギョン (キム・ヘウン), ハンセ病院理事長でミン・テギョンの夫, 不慮の事故で現在植物人間状態に陥っているカン・イス (チョン・ノミン)まで事細かにチェックしていった。

この時カン・イスの写真に見入っていたソン・ソクキはカン・イスとミン・テギョンの娘カン・シヨンを思い起こしながら “ポストマ(脳出血で苦しむ母に致死量のモルヒネを投与して殺害した医師。オランダの安楽死法制定のきっかけになった)なのか。医師であり患者の娘が植物人間になった父の延命治療を中断し死亡に至らしめるとしたら韓国版ポストマになることになる”と言い目を輝かせた。 学縁, 地縁, 結縁などのつながりがないチャ・ヨハン, ミン・テギョンから絡まり合ったハンセ病院の全般的な構図まで, ソン・ソクキとチェ・ウンジョンがチャ・ヨハンの周辺について事細かく調べている本当の理由器何なのかに関心が集まっている。

 

◆医師ヨハン ‘クエスチョン・コード’ NO.4 

-イ・ウォンギル-ハン・ミョンオ, 前保健福祉部長菅とハンセ病院法務チームの弁護士のタッグ, 今後の行方は?

 5話でハンセ病院法務チームの弁護士ハン・ミョンオ (キム・ヨンフン)が電動車椅子に座っている前保健福祉部長菅イ・ウォンギル (ユン・ジュサン)を訪ねる様子が描かれ謎を深めた。ハン・ミョンオが “お邪魔します。長官”とあいさつして深々とお辞儀をした瞬間, “入りたまえ。待っていたぞ”と言いうっすらと笑みを浮かべるイ・ウォンギルの姿が流された。以降6話でも何か深い思いに浸っているイ・ウォンギルの姿が短く流れ, 秘密を抱えたまま登場したイ・ウォンギル,イ・ウォンギルと深い関係を匂わせたハン・ミョンオは何を図ろうとしているのか, 今後の展開にどのような作用を起こすのか好奇心を刺激している。

制作陣は“‘医師ヨハン’が本格的に中盤に差しかかり視聴者の様相を飛び越える逆転に継ぐ逆転が起きる”と言い“‘先天性無痛覚症’を患うチャ・ヨハンとその事実を知ってしまったカン・シヨン, チャ・ヨハンの行く手を阻むソン・ソクキとチェ・ウンジョン, さらに謎めいた人物たちの登場がどのような興味深いストーリー展開を引き出すのか期待してほしい”と伝えた。

‘医師ヨハン’ 7話は9日(今日) 午後10時放送。

ID:
PWD: