メディア情報 - media information
メディア情報
日付
'ドクター10秒チャ・ヨハン' 俳優チソンが考える'尊厳死'
2019-08-07

[OH MY NEWS 2019.8.5]

▲<医師ヨハン> 記者懇談会の現場ⓒ SBS


2009年5月大法院は植物人間状態で延命治療を行ってきた患者に対し'尊厳死'を認めた。それから約10年が過ぎた2019年, 尊厳死'について真摯に問いかけるドラマが登場した。SBS 金土ドラマ<医師ヨハン>である。

麻酔痛症医学科の最年少教授チャ・ヨハン(チソン)を中心に繰り広げられる痛症医学科医師たちの物語を描く<医師ヨハン>は 7月19日の放送開始以降視聴率10%を越え注目を集めている。

5日の午後ソウル市江西区にある梨大ソウル病院で開かれたドラマの記者懇談会に出席したチョ・スウォン監督は"2014年の初めにキム・ジウン作家と話したアイテム"と語り "(キム・ジウン作家が) 尊厳死について書きたいと言いその時からはじまった素材でそのために版権も購入した"と伝えた。続いて"尊厳死に関連する物語がつづられる重みのあるドラマ"と付け加えた。

この日の懇談会に同席した俳優のチソンは "(医師ヨハンは) 尊厳死, 延命医療に関する物語です。患者は生きることを望まないのに私たちは苦しむ患者を生かし続けなければならない。延命の家庭に受ける苦痛は患者が耐えなければならないが私たちはそれでも延命させなければならない。患者が延命を望まないなら寿命を終えることができる施行令も存在するが韓国では保護者がこれを受け入れにくい"と尊厳死に関する話を続けた。
 
チソンは去年スイスで104歳の年齢で自ら延命を断ったデイビッド・グダルド氏についても言及した。彼は"(デイビッド・グダルド氏は) 全員の孫たちが見守る中で薬を投与して亡くなっていった。 (彼は) 妻もいないし子どもたちもいなくて孫たちだけが残された状況だった"と述べた。
 
彼はチャ・ヨハン役を演じながらキャラクターの信念と価値観を身に着けるために尊厳死に関する多くのドキュメンタリーを見て勉強したことを明かした。그さらに彼は"尊厳死について明確に善悪を決めつけるのは現時点では時期尚早だと思う"と付け加えた。
 
チソンは"怠慢の場合ホスピス病棟がとてもよくできている。一生涯生きてきて体の調子が悪い時でも家族は悩まずに過ごせるくらいのシステム (を備えている)"と述べ"韓国にはホスピス病とが足りていない"ともどかしさを滲ませた。続いて"私たちに与えられたのはどちらにせよただ一度だけの人生だけ"と述べ"豊かに生きて死を準備できるそんな社会になれば言うことはないと思う"と自信の考えを打ち明けた。
 
父の闘病事実を告げた俳優チソン

▲<医師ヨハン> 記者懇談会の現場ⓒ SBS

 

"暗い話だ。1年半前に父が心臓を患って何度も心臓停止に陥った。食事中にも, トイレに行って来た後に, 運動をしていて倒れ心肺蘇生術を施すほどだった。保護者として病院に駆けつけると重患者室で目を開ける父がとても可愛そうに思えた"
 
この日チソンはドラマへの出演の理由を明かしながら, 父の過去の闘病生活の事実を打ち明けた。彼は"(当時の父の上体は) 現代医学ではどんな薬を使っても効果はない"と言い当時の状況を淡々と伝えた。チソンは心臓移植手術を受けるかどうかについて話し合った時父が言った言葉が"息子のいう通りにする"と言った言葉が忘れられないと明かした。以降彼は手術前の話, その後の経過などを伝え当時の状況を思い出したのか, 目頭を熱くする場面もあった。チソンの父は幸い手術に成功し健康を取り戻したと打ち明けた。
 
'信じて観られる俳優'と呼ばれるチソンは自分の演技について"私には足りない部分が多くて誇れることといえば真面目さしかない"と言い "俳優として演技もうまくなりたいがいつも未熟だと考え真摯に( 演技に) 向きあいたい"と心に決めていると述べた。

医師が患者を尊厳死させるのも殺人だという価値観を持つソウル南部地検刑事3分検事ソン・ソクキはイ・ギュヒョンが演じている。彼はドラマでチャ・ヨハンと対立する。この日の記者懇談会に出席したイ・ギュヒョンは"チャ・ヨハンと反対の信念を持つ人としてソン・ソクキの行動に対する正当性を完璧に備えていなければいけない"と尊厳死に対する多様な論理を探ってみたと説明した。彼は続けて"堂々と向かい合える地点が必要なので多くのことを勉強して探求してみた"と付け加えた。
 
ハンセ病院理事長そして麻酔家長の長女カン・シヨン役を演じているイ・セヨンも役柄対する集中江戸が際立っている。この日イ・セヨンは"私が扮している人物がその間どのように生きてきたしどのような痛みを持っているのかについて共感しようと努めている""人物に最大限成りきろうとしている"と説明した。チソンと共演している感想について聞かれると彼女は"私が恐れ多くも共演しているとは申し上げにくいけどとても光栄なことです"と述べた。
 
10% 視聴率を突破し突き進む地上波ドラマ   

▲<医師ヨハン> 記者懇談会の現場ⓒ SBS

 
記者懇談会の席で視聴率についての話も出た。チョ・スウォン監督は"(視聴率) の反応まで気にする余裕はない""主人公たちが全力を傾けている分視聴者が共感してくれてありがたい"と述べた。

チソンは妻のイ・ボヨンについて言及しながら"視聴率が上がると私よりも妻(イ・ボヨン)のほうが喜んでくれます。反対に落ちると私が傷つくのではないかと心配しています。一番心強い後援者とでも言いましょうか?"と言って笑顔を見せた。続いて彼は ドラマを楽しんで観ていた娘がある日パパ私が病気に成ったら治療してくれるの?"と聞いてきたと語りこれには誇らしい気持ちになったと伝えた。
 
6話まで放送されたドラマ<医師ヨハン>は毎週金土の夜10時放送。

 

ID:
PWD: